ホーム
しぃアンテナ
RSS
Twitter
当サイトについて
2018年10月06日
バブル景気の予兆?ジュリアナが大阪で復活!伝説のボディコンに扇子が大流行か!!
伝説のジュリアナ東京が大阪の阪急東通商店街で復活!
ボディコンファッションがまた流行する?
お立ち台で扇子がまた見れる?
東京芝浦での復活は?
オリンピックからバブル景気になる予兆!?







すごい!また流行るんじゃないの!?
オレもド派手にデビューしよっかなw




『ジュリアナ東京』とは?
ジュリアナ東京(ジュリアナとうきょう)は、1991年(平成3年)5月15日から1994年(平成6年)8月31日までウォーターフロントと呼ばれた
東京都港区芝浦にジュリアナ東京ブームを築いた伝説的なディスコである。
ジュリアナ東京に関して象徴的に語られることが多いのが、通称「お立ち台」と呼ばれる、ダンスホールの両脇に設置された高さ130cm程のステージ。
ワンレンボディコンの女性が集まり「お立ち台」でジュリ扇(羽付き扇子)を振り回して踊る光景が一世を風靡した。
ボディコン女性がジュリ扇(羽付き扇子)を振り回して踊る光景は、今日もなおジュリアナ東京の映像が「バブルを象徴する光景」として紹介されることが多い。



『ボディコン』とは?
1981年のミラノ・コレクションでアズディン・アライアが、身体に添ったデザインのドレスを発表した。これをボディ・コンシャススタイルという。
日本では略して、ボディコンと呼ばれ浸透した。ピンキー&ダイアン(Pinky&Dianne、ピンダイ)などの DCブランドから、
さらにシルエットをシェイプしたスタイルのボディコンファッションが生まれた。元々は女性の自己主張、解放を目指すファッションの動きの一つでもあったが、
日本では主に遊び着として広まり、特に1980年代のバブル期以降にブームとなった。

1990年代前半に一世を風靡した東京・芝浦のディスコ、ジュリアナ東京 (1991年-1994年)にはワンレン・ボディコン・爪長・トサカ前髪、
といったファッションの女性が多く集まり、マスコミでも話題になった。荒木師匠こと荒木久美子に代表される、ジュリアナ扇子(通称「ジュリ扇」)
を合わせたファッションのタレントもこの時期のメディアにしばしば登場した。




ファッションも80年代のもの流行ってるもんねっ!
ミニスカ、ルーズソックスの時代もくるかな!?


ネットの反応は!?
























































管理人コメント
まさか大阪で復活するとはw
みんなのコメント
  • kanda

    ジュリアナ大阪オーナーは、昨年、巨額脱税により
    国税局から摘発起訴された神田健二。
    神田健二→脱税→検索 でジュリアナ大阪オーナーの素顔が…

  • コメントを書く

    カテゴリの関連記事
    2019.05.24
    荒野行動とPUBGが和解!コラボ新作ゲーム発売の可能性?PS4版でのリリースは!!
    2019.05.01
    SixTONESのグッズ売り切れ情報は?大阪城ホール5/1・5/2 の状況は!?【CHANGE THE ERA】
    2019.05.01
    令和の商標が日本酒含む酒類で認定済み!中国の個人が出願!本当に偶然の一致!?
    2019.05.01
    中国で令和の商標登録が多発!酒類のブランドは認定済み!今後偽造品など発売の可能性は!?
    2019.04.30
    永野芽郁がSeventeenを卒業!最新号の特集はファン必見、6月号だけど早めの発売
    2019.04.30
    理由は何?石川由依が劇団ひまわりを退社!20年以上在籍したベテランがなぜこのタイミングで
    2019.04.29
    社長が断言!食べづらいサンドイッチは名前通り?味は評判で具材たっぷりのボリューム感
    2019.04.29
    夜だけ食欲が無限!?夜食症候群は病気なの?1日のカロリーを深夜に摂取してしまう摂食障害
    おすすめ人気記事